FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イナカミチ

吐き出してしまいたかった。
全て、胸の中のもの全て、力の限り大声で。
いつの間にか、我慢することに慣れてしまっていたんだ。
たぶんそれが、ありきたりな言葉だけど、『大人になる』ということなのだろう。
何となく、呼吸をするかの如く自然にそう、思った。
だけど、そう思えば思うほど、自分の気持ちまでどこか、胸の奥の方へ見えなくなっていったんだ。

夕暮れ時、いつもの時間。
少し過ごしやすい気候になりつつある、春。
空には、たくさんの白い雲。
自転車で坂をのぼる僕、すれ違う制服の女の子たち。

きっとまた、目指しているのはスタート地点。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

榎並緋菜

Author:榎並緋菜
大阪府出身。学生。
『D.Gray-man』をはじめとするWJ系中心に二次創作小説を書く予定。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。