FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙が溢れる、その前に。   (アレリナ)

「何でもない」
それだけ言って、背を向けて歩き出す。
「待って、」
彼が追いかけてくる。
「どうして怒ってるんですか?」
「怒ってなんかない」
「怒ってますよ」
「怒ってないってば」
「ねぇ、リナリー」
「もう放っといて!…」
腕を引かれ、強引に彼の方を向かされた。
掴まれたままの腕が、痛い。
「リナリー…じゃぁどうして、泣きそうな顔、してるの?」
いつもは『甘い』と思えるくらい優しいのに、今、目の前の彼は。
「……そんなこと…」
強い視線に、私は負けそうだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

榎並緋菜

Author:榎並緋菜
大阪府出身。学生。
『D.Gray-man』をはじめとするWJ系中心に二次創作小説を書く予定。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。