FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒカリ ノ ツバサ 【 side Y 】   (神アル)


生きたかったんじゃない。
ただ、会いたかったんだ。


「ぼくは、ぼくだけを破壊したユウを恨んだ」
「ひとり生き延びた気分はどうだった?」

恨まれたって憎まれたって、それは当然だと思った。
使徒と呼ばれたって、所詮俺たちが、俺がしていることは悪魔-AKUMA-と同じ。

「ユウが生き延びたせいで、人間共は悔い改めなかった」
「ユウが死んでくれればッ、それでいいんだよぉッ」

生まれては、生きていてはいけない存在。
生まれたことが罪、生きていることが罪。
友を殺し、そしてまた、俺はこいつを、AKUMAへと成り果ててしまったこいつを殺そうとしている。

 『 待ってるね… 』

水面いっぱいに広がる、蓮の花。
正面に立つのは、

 『 ずっと… 』

愛しい、愛しい…

「これが、本当の最後…」

ただ、会いたかったんだ。
「待ってる」と言った、
寂しそうに、照れたように笑った、彼女に。

「死ね」


目映い光と刺すような痛みの中、
何故か、彼女とアルマの姿が、重なった。



【本当は”キミ”忘れたことなんて、一度もなかったんだ】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

榎並緋菜

Author:榎並緋菜
大阪府出身。学生。
『D.Gray-man』をはじめとするWJ系中心に二次創作小説を書く予定。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。