FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけは『同情』だったのか、それとも。   (アレリナ)

いつも、いつも。
本当は貴方を見るたび、泣きたくなる。
縮まらない距離を感じたり、
越えられない壁を感じたり、
和(やわら)かくて穏やかで、あたたかい空気の中で、
確かに感じる、明瞭な『境目』。
どれだけ仲良くなったって、
どれだけ親しくなったって、
きっと、ずっと、
変わらない。
変えられない。
(…嗚呼、だったら)
なぜ優しくしてくれたの?
なぜ私、優しくしたの?
(でも……だって、あんなに)

「寂しそうな、瞳をしていたから」

それはたぶん、私も同じだったんだろうけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

榎並緋菜

Author:榎並緋菜
大阪府出身。学生。
『D.Gray-man』をはじめとするWJ系中心に二次創作小説を書く予定。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。